島田智明さんの決意と挑戦

対話・ビジョン・実行

■河内長野を的確に分析

最新の住民基本台帳(平成29年1月1日現在)によると、大阪府下33市(9町1村を除く)の中で、河内長野市は、高齢者(65歳以上)比率最大([図1])、後期高齢者(75歳以上)比率最大([図2])、少子(15歳未満)比率最小([図3])、生産年齢人口(15歳以上65歳未満)比率最小([図4])。河内長野市は、深刻な少子高齢化と、それに伴う財政難に直面。参考までに、生産年齢人口比率は、納税者比率と大いに関係する。

[図1]大阪府下33市の高齢者比率>>
[図2]大阪府下33市の後期高齢者比率>>
[図3]大阪府下33市の少子比率>>
[図4]大阪府下33市の生産年齢人口比率>>

河内長野市の強みは文化財の多さ。その数は、平成29年9月現在で、国宝7点、重要文化財77点に及ぶ。大阪府第2位、全国1,718市町村(東京23区除く)で第15位観光インフラを整え、そして、効果的な観光マーケティングで、まちに活気を戻そう!

■2018年の河内長野のビジョン

深刻な少子高齢化問題で、市の収入が減少傾向、そして、支出が増加傾向。二つの危機に直面する河内長野において、市民とともに「新しいまちづくり」を実施!観光マーケティング交流人口増加、そして、定住人口維持を目指す!

■市民とともに3つの挑戦

1)ストップ・ザ・人口減少!

  • ●若者に愛される和風文化を生かしたおしゃれなまちづくり
  • ●バリアフリーの増加で高齢者に優しいまちづくり
  • ●結婚適齢期の男女に対して出会いの場を提供
  • ●子育てへの財政的・人的支援で安心愛育

2)財政改革、運営改善!

  • ●市民参加型のボトムアップで、市の運営に「企業経営」の概念を導入
  • ●河内長野の特産品を世界中に売り出し、産業活性化
  • ●駅前市有地などを開発し、固定資産税で税収を増加
  • ●民間に施設整備と公共サービスを委託し、
       民間企業の事業機会創出と市のコスト削減を実現

3)世界中から旅行者が集まる観光拠点に!

  • ●世界遺産の高野山に通じる高野街道や豊富な文化財を整備
  • ●駅前にビジネスホテルなどの宿泊施設を設立
  • ●国宝・重要文化財を始めとした歴史遺産を国内外にマーケティングし、
       日本人だけでなく外国人観光客も誘致
  • ●幼児から大人まで英語教育を強化し、
       河内長野を訪れる世界中の人々を「おもてなし」
[図1]大阪府下33市の高齢者比率
順位市名高齢者比率
1河内長野市31.81%
2阪南市29.66%
3松原市29.01%
高齢者(65歳以上)の全体に占める割合
[図2]大阪府下33市の後期高齢者比率
順位市名後期高齢者比率
1河内長野市14.62%
2松原市13.81%
3守口市13.81%
後期高齢者(75歳以上)の全体に占める割合
[図3]大阪府下33市の少子比率
順位市名少子比率
1河内長野市10.82%
2守口市11.12%
3門真市11.21%
子供(15歳未満)の全体に占める割合
[図4]大阪府下33市の生産年齢人口比率
順位市名生産年齢人口比率
1河内長野市57.37%
2阪南市58.38%
3高槻市58.86%
生産年齢人口(15歳以上65歳未満)の全体に占める割合


HOME島田智明さんってこんな人島田智明さんの決意と挑戦サポーターからの応援メッセージ島田智明さんの応援に行こう島田智明さんの関連リンク島田智明さん追っかけレポート!